派遣で働くメリット・デメリットとは|医療事務リンク【東京・神奈川・千葉・埼玉】

0120-998-730

受付:平日9:00-18:00

       

無料!登録する

派遣で働くメリット・デメリットとは

2019.11.08

あなたの周りに派遣で働いている方はいませんか?

「派遣で働く」と聞くと、自由時間も多くて、プライベートも充実しているイメージがあります。

職種に限らず派遣で働く場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

 

《派遣で働くメリット》

 

プライベートの時間を確保しやすい

派遣で仕事を探す際に、自分の希望勤務時間、勤務地などの条件を決めてから仕事を探すことができます。

正社員とは違い、仕事内容は契約で定められているので、契約以外の仕事を求められることは基本的にはありません。

プライベートの時間を確保したい方には向いているといえるでしょう。

 

仕事を選ぶことが可能

今までの経験を活かした仕事を選べるのも派遣のメリットです。

派遣会社がそれまでの経験を活かせる職場を見つけるサポートしてくれます。

「語学力を活かした仕事がしたい」など自分の能力を活かせる職場を選ぶことができます。

 

派遣会社と相談しながら職場を選べる

「自分にはどういった職種があっているのか分からない」、というような悩みを抱えていても、派遣会社に相談しながら職場を探すことができます。

客観的にあなたのキャリアを分析することで、あなたにあった働き方を見つけることができる可能性もあります。

 

 

《派遣で働くデメリット》

 

派遣期間が決まっている

派遣には契約期間があり、契約満了後は契約更新をしないこともあります。

契約期間中にあなたの能力が評価されれば契約が更新されることもありますが、企業自体が派遣を必要としない状況になると、契約は終了となります。

 

スキルの有無でお給与に差が出ることがある

未経験でも派遣を採用するところはありますが、同じ職種でも経験者の方が時給が高いことがほとんどです。

派遣を採用する企業としては、即戦力を求めることが多いため、待遇の差が出てしまいます。

 

 

以上、派遣で働くメリット・デメリットを紹介しました。

医療事務、調剤事務での派遣の場合も、やはり経験者が優遇されることがほとんどですが、未経験の方でも派遣の採用を検討する調剤薬局も少なくはありません。

薬局で特に人が必要な時間帯、曜日だけで募集していることもあるため、条件さえ合えばあなたの空き時間を有効活用できるかもしれません。

「派遣でお仕事を探す」という登録だけを先にしておくと、あなたの希望に沿った募集が出てきた時に、すぐに情報をもらうことが可能です。

「派遣で医療事務、調剤事務として働いてみたい」、とお考えの方は是非当サイトまでお問い合わせください!